HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

やっぱり充電ケーブルはApple純正にすべし……と思わされた出来事

      2014/04/07

1ヶ月くらい前、iPhoneの充電ケーブルが断線してしまったんですよ。購入と同時についてきた、Apple純正のLightningケーブルです。

買い直さないと充電できないので、こりゃ大変とAmazonを当たったんですが……純正が2000円近くするのに対して、200円くらいの充電ケーブルがあるんですんね。すごい安い。

すごい安いんですけど、正常に動くかどうかは5分5分なんですよ。

iPhone5になってから採用されたLightningケーブルは、充電部分に認証チップが入っていて、Apple純正以外のケーブルではこんな感じで警告がでます。

2013-11-25 11.55.14

これはまだいいほう。なんとか充電もできるし、iTunesとの同期もとれる。ダメなものだと「非対応です」とズバッと斬られる。

で、200円のケーブル、どうしようかなぁ~と迷いながら、まぁ200円ならダメでもいいか!と買ってみた。

届いたケーブルでドキドキしながら充電してみると……なんとか充電できた(警告画面は出た)

それから1ヶ月。

ついにというか、やっぱりというか、ある日突然充電できなくなりました。

ケーブルを差しても無反応か、警告画面が出るけど充電が始まらない状態。

あら~こうなるよね~やっぱり純正じゃないとダメなのね~……と、すぐにAmazonで純正品を注文。

そして、そうだこのことブログに書いちゃおう!と思い、じゃぁ警告画面のスクリーンショット撮らなきゃ、と、再び200円ケーブルをiPhoneにつないで充電してみると……

フォン。

2013-11-22 17.27.50

オォイ!

充電できた。もー。純正品注文しちゃったよー。

でも、またいつ充電できなくなるかわからない。爆弾を抱えたまま使い続けるのもなんなので、やっぱり純正を使うべきなんだなぁ、と思いました。

これからiPhoneの充電ケーブルを買う方のご参考になれば幸いです。

ちなみに新たに買った純正品はこちらです↓50cmのやつ。1.0m、2.0mも選べます

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です