HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

iPhoneは秋の季語。Siriに俳句を詠んでもらった(元ネタ付き)

   

使えるようで使ってない、小ネタがある時だけ使っている音声アシスタントSiri。

以前、早口言葉をお願いしたらやってくれましたが(早口言葉「新春シャンソンショー」をSiriに言わせてみる
)、なんとSiriさん、俳句もたしなんでいると噂に聞いたのです。

というわけで何回か(しつこく)お願いしたところ、有名な俳句をもじって詠んでくれました。たぶん、これで全パターンだと思います。

元ネタは小林一茶の「我と来て遊べや親のない雀」。スマホ子守になってる。

松尾芭蕉「荒海や佐渡に横たふ天の河」より。水没は保証対象外です。

もう一つ芭蕉から。「松島やああ松島や松島や」。実際のところ、芭蕉はこの句を詠んでない、という話もある。

正岡子規「鶏頭の十四五本もありぬべし」より。iPhone発売が秋の風物詩になってしまった模様。

詠んどるやないかい、というオチ。

ちなみに何回も「俳句を詠んでください」と頼んでたら、一度だけ誤爆しました。

一気に切なくなりました。

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です