HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

Flappy Bird系パクリアプリ、あまりに種類が多すぎて、遂にヒゲが主人公のゲームが登場。

      2014/05/14

かつて『FlappyBird』というゲームがAppStoreで公開されていました。

タップで鳥をジャンプさせて土管の隙間をくぐるだけなのに、ものすごく難易度が高い鬼ゲーでした。

その中毒性に欧米を中心にハマる人が続出。2013年5月の公開以降、全世界で5000万回ダウンロードされる大ヒットになり、作者の元には1日50000ドルの広告収入が転がり込むようになりました。

……と、ここまで過去形で書いているのは、『Flappy Bird』がもう既にAppStoreから削除されているから。あまりの広がりぶりに作者本人が耐えられず、自ら公開を中止してしまったんです。
(※参考:超人気アプリ「Flappy Bird」はなぜストアから消えたのか 過大評価に悩み 制作者がTwitterで胸中開かす – ねとらぼ

これが2月9日の出来事。その後、AppStoreに並ぶアプリがどうなったかというと……

「Flappy」の名がつくパクリアプリが、あちこちから大量にリリースされてるんです。

たいてい、Flappyなんとか、というタイトルで、鳥の代わりに犬や魚、アヒル、豚、蜂、天使など、もうやりたい放題。

あーあー、という感じでチェックをしてたのですが、このパクリアプリ達の中に、行き着くとこまで行っちゃってるやつを発見しました。

Flappy Stache
無料
(記事執筆時点)

この『Flappy Stache』、口ヒゲが主人公です。

ビルをバックにヒラヒラ飛ぶ口ヒゲ。タップするとちょっとジャンプします。

髭剃りの間をくぐります。

髭剃りにぶつかったらゲームオーバー。

……なんだこれ…!

元々の『Flappy Bird』の世界観も変で、なんで土管やねんって感じではあったけど、もう、ヒゲが飛んでるってなんなの!?

ひょっとしたら、世界のゲーム史でヒゲを主人公にしたゲームって初かもしれない。歴史的瞬間なのかもしれない。でも……特に面白くはなかったです……。

それにしても、どこまで続くFlappy騒動。さっきアメリカのAppStore無料ランキングを見てみたら、トップ30の中にFlappy系が9個も入ってました。ちょっとみんなやりすぎじゃないかしらん。

Flappy Stache
無料
(記事執筆時点)

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です