HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

ヌルヌル動く新体験!久々にうなったカレンダーアプリ『Peek Calendar』!

   

もうそろそろ「これはっ」と驚くこともなくなってきたけれど、このアプリは久々に「これはっ」ってなりましたなぁ。

『Peek Calender』は、ヌルヌル動くインターフェイスが独特なカレンダーアプリ。

最近リリースされたばかりの新作にして、いい感じなんですこれが。

Peek Calendar
¥100
(記事執筆時点)

とにかくヌルヌルよく動いて楽しい。プロモーションビデオをちょっと見てみてくださいよ。2分弱の映像です。

「忙しい日」が直感的にわかる

「ん!?いまのなに?」って感じの動きもあるので、詳しく説明しますね。

まずはメインのカレンダー画面。予定の内容はこの画面からだとわからない。

でもよく見ると、日付ごとに長さの違うバーが伸びている。

これ、その日に入っている予定の総時間なんです。このバーが長いほど、その日は忙しいって直感的にわかるわけです。

日付をタップすると、予定一覧がペロッと出ます。

予定を右スワイプすると詳細の表示。所要時間と場所が出る。ここまでスイスイと動く。

予定を追加する時は、日付を長押しする。

開始時間と所要時間の指定も面白いですよ。

開始時間の指定は、時と分が左右別々の列に分かれてる。それぞれ該当するものをタップ。

所要時間は、指を離さずに上下に移動させて長さを決める。一番下まで伸ばすと「終日」になる。

カレンダーアプリ、結構触ってるつもりだけど、見たことないやり方。それでいて、どちらも時間を決めるのがとてもスムーズ。

シェイクする、上部を手で隠す…

さらにさらに、ちょっと他にない機能がまだある。

iPhoneをシェイクすると…。

こんな画面になる。もっと水を飲む?

こんな感じで、いつかやっておきたいこと・習慣化したいことがランダムに出てくる。

チェックマークをタップすると、近日中のどこかの予定に入る。忘れた頃に「あ、もっと水を飲む、だ」と思い出させてくれるのだ。定期的にリマインドしたい時は、予定を編集して繰り返し周期を指定すればいい。

最後もうひとつ、ちっちゃい機能なんだけど、iPhoneの上部を手で隠すと…

画面の上が暗くなって、時刻が浮かび上がるんですよ(デフォルトではオフ。設定でオンにする)

上部にある照度センサーを隠すと現れる仕組み。確認したいときにふわっと手をかざす。面白いなぁ。

おなじみの操作に「新しい意味」を

こんな感じで、シンプルな見た目のカレンダーアプリでありながら、あちこちに体験したことない機能が散りばめられている『Peek Calendar』。

個人的にはTodoアプリの『Clear』が初めて世に出た時の感動に似てる。スワイプとかフリックとか、当たり前になった操作に新しい意味づけをしてくれる。

もちろん不満もあって、例えば予定の検索ができない。一覧できないなら、予定を探すための検索は欲しいかなぁ。

リリースされたばかりなので、まだまだ伸びしろはありそう。いまならセール中で100円。気になったら今のうちに買っておくが吉ですよ!

Peek Calendar
¥100
(記事執筆時点)

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です