HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

パスワード管理アプリ『1Password』を”最安値”で使う方法

   

新しいWebサービスが出るたびに増え続けるパスワード。全部同じにするとセキュリティ上危険なので、全部ちがう&複雑なパスワードがベストなんですが、そんなにたくさん覚えきれないですよね。

そんなときはパスワード管理アプリが便利。この分野の老舗、『1Password』がただいま半額セールをやっております。

1Password
1Password (900円)
(2014.04.15時点)
posted with ポチレバ

上のリンクはiOS版なんですけど、オフィシャルHP(Agile Online Store)ではMac版/Windows版も5000円→2500円の半額になっております。Mac/Windowsがいっしょになったバンドル版も7000円→3500円と半額で、これまたおトクです。

……とはいえ、2500円でもお高いなぁ、という人も多いかと思います。

そこで、なるべく安く『1Password』を使うために、「1PasswordAnyWhere」という機能をご紹介します。

1PasswordAnyWhereってなに?

「1PasswordAnyWhere」は、『1Password』をインストールしていないPCでも、パスワードの登録情報を見ることができる機能です。見るだけで、新規登録/変更はできません。

つまり、「パスワード登録はiOS版で行い、PCでは閲覧のみ」という使い方ができます。

iOS/Mac/Win全てで『1Password』を揃えると通常8800円かかるんですが、PC側の使用を「1PasswordAnyWhere」で割り切れば、iOS版の費用(通常1800円)しかかからないことになります。

さらに、今なら半額セールなので900円!

まさに”最安値”で使えるわけです。

1PasswordAnyWhereの使い方

「1PasswordAnyWhere」を使うには、『1Password』のパスワード情報を保存している「1Password.agilekeychain」フォルダにある「1Password.html」を開きます。

キーチェインをDropboxに同期させていれば、「(Dropboxのパス)\1Password\1Password.agilekeychain」に保管されています。

1Password.agilekeychain   Dropbox

「1Password.html」を開くと、マスターパスワードを入力する画面になります。

1Password

あとはマスターパスワードを入力すれば、保存されているパスワードを閲覧することができます。日本語もOK。

1PA_WinFF

もちろんコピーもできるので、パスワードを忘れたら「1PasswordAnyWhere」を開いてコピー&ペースト、という使い方ができます。

ちなみにこの「1PasswordAnyWhere」、IEでは使えません。Chromeもそのままでは起動しないのですが、起動オプションに「–allow-file-access-from-files」をつけると起動できるようになります(参考:Google Chromeの起動オプション)

iOS版の『1Password』を買ったけど、Mac/Windowsはどうしようかな……と悩んだら、一度「1PasswordAnyWhere」を試してみてはいかがでしょうか。

■参考リンク
Windows:1PasswordAnywhere | 1Password User Guide
Mac:1PasswordAnywhere | 1Password 3 User Guide
トラブルシューティング:Troubleshooting 1PasswordAnywhere Issues | 1Password 3 User Guide

1Password
1Password (900円)
(2014.04.15時点)
posted with ポチレバ

1Password
1Password (2,500円)
(2014.04.15時点)
posted with ポチレバ

※セールは予告なく終了するので、購入の際は価格を再度ご確認ください。

Sponsor Link