HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

iPhone標準カメラで「シャッター音を鳴らさずに」写真を撮る方法

   

やましいことがなくっても、「カシャ!」というシャッター音が響くと困ることがあります。

例えば、静まり返った店内で料理の写真を撮りたい時や、子供の寝顔をこっそり撮りたい時、講義中の黒板を撮影したい時など……。

かといって、シャッター音を消す設定などありません。AppStoreには無音のカメラアプリもありますが、そこまで……という気持ちもあります。

そこでこっそりお教えするのが、「標準カメラでシャッター音を鳴らさず写真を撮る方法」です。

「ビデオ」を使います

iPhone5以降になるんですが、標準カメラで動画を撮影している最中に、静止画を撮ることができるんです。

wpid-20140512051505.png

録画中に左下の白い丸ボタンをタップすると、静止画を撮影することができます。

このとき、シャッター音は鳴りません。

動画撮影中はフラッシュも光っぱなし

シャッター音の他にもうひとつメリットがあります。

動画撮影中は、フラッシュが光っぱなしになるんです。ライトの扱いになります。

暗がりのなか写真を撮ったら、突然光ったフラッシュで思ってたのと違う写真が撮れた、なんてことありますよね。

この「光っぱなし」を利用すれば、照らされたイメージのまま撮影することができますよ。

デメリットは「画質サイズ」

メリットばかりでもないんです。一番のデメリットは、普通に撮影するより画像サイズが小さくなること。

通常のリアカメラが2448×3264なのに対し、動画撮影中に撮った静止画は1080×1920になります。HD画質のサイズですね。

ともあれ、場面によってはとても便利なこともあると思います。

くれぐれも悪用厳禁でどうぞ!

=====

ちなみに、無音カメラで1つオススメするなら『OneCam』で決まりです。無音でフルサイズ(2448×3264)が撮れるだけでなく、Instagram連携や日時文字入れなどかゆいところに手が届くアプリ。リリース後から4年経ってもバージョンアップが続いているのもポイントですよ。

Sponsor Link