HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

場所×リマインダー!会社を出た時に「牛乳を買う」をiPhoneに教えてもらう方法

   

会社を出たら奥さんに電話する、なんて習慣がある人にオススメです。

iPhoneのリマインダーには「場所」という項目があります。これを使うと、「ここに着いた」「ここから出た」時にリマインダーを鳴らしてもらうことができるんです。

remind_place_101

リマインダーを作ったら、右端の「i」マークをタップ。リマインダーの詳細設定を行います。

remind_place_103

「指定場所で通知」という項目があるので、これをオン(緑)にします。

続いて場所の指定のために「場所」をタップ。

remind_place_105

デフォルトでは現在地の場所が入ってます。会社の場所など、任意の場所を検索して指定します。

下の地図は到着/出発の指定です。「到着時」にすると、青い円の中に入った時にリマインダーが鳴るようになります。

remind_place_104

逆に「出発時」にすると、この青い円から出た時にリマインダーが鳴ります。

会社を出た、も、家の近くに来た、も、どちらも設定可なわけです。

remind_place_106

一度設定しておけば、iPhoneを持ってブラブラ歩いているだけで、こんな感じでドーンとリマインダーがなります。

ちなみに、位置情報(GPS)情報が常にオンになるのですが、リマインダーでは「ジオフェンス」と呼ばれる位置情報を使います。

地図などは常に正確な位置を把握するため、GPS情報を受け取り続けるのですが、これではバッテリーがかなり減ってしまいます。ジオフェンスはざっくりした領域で「この辺」の位置を使うため、GPS確認の頻度が減り、バッテリーの消費を抑えることができます。

リマインダーの場所指定が青い円になっているのはそのためです。「この辺に来たら」で位置を把握してるんですね。

場所のリマインダー、あの店に行ったらアレを買わなきゃ、といった場面でも使えると思います。お試しあれ。

Sponsor Link