HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

撮影から写真ができるまで1時間待たされる『1-Hour Photo』

   

スピードが求められる時代に一石を投じます。

『1-Hour Photo』は、撮影した写真を見ることができるまで、1枚につき1時間待たされるカメラアプリ。

1-Hour Photo
1-Hour Photo (無料)
(2014.06.13時点)
posted with ポチレバ

1hour_01

起動した画面は普通のカメラアプリっぽい。下にある大きな丸がシャッターボタンです。

1hour_102

パシャッ!と撮影しますが、写真が保存されません。カメラロールにも見当たらない。

アプリの画面には、処理中の写真の枚数と、待ち時間が表示されています。写真ができるまで60分待ちなんです。現像に出したみたいになってる。

1hour_03

アイコンのバッジにも処理中の枚数が表示されます。まだかなー。

1hour_04

待つこと1時間。プッシュ通知でお知らせが来ました。

再び『1-Hour Photo』を起動させると、カメラロールに写真が保存されます。

1hour_05

カメラロールを開くと、1時間前に撮った写真がありました。モノクロ写真で記録されます。

1時間前に撮った光景……頭の中ではなんとなく覚えてますけど、こうして白黒写真で見ると、かなり前だったような、さっきのことだったような、不思議なタイムスリップ感があります。

デジカメからスマホになり「撮ってすぐ見て終わり」になりがちな写真。こうして時間をおいてみると、改めて写真が持つ「切り取る力」を思い出させてくれますね。

1-Hour Photo
1-Hour Photo (無料)
(2014.06.13時点)
posted with ポチレバ

Sponsor Link