HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

夏服どこにしまったっけ?「物」と「しまった場所」を記録できる『Keeps』

   

6月に入ったら急に暑くなって困ります。えぇっと、夏服はどこにしまったっけ?

『Keeps』は、「物」「場所」「物と場所」の3つを合わせて記録することができるアプリ。

keeps
200円
(2014.06.02時点)
posted with ポチレバ

keeps_101

家の中に物があふれると、どこになにをしまったか思い出すのも一苦労。家族が増えたらなおのこと。覚えていても人に教えるのが大変だったり。

そんな「困った」に向けて作られたアプリが、こちらの『Keeps』でございます。

keeps_106

やることは3つ。物と、場所と、物がしまってある場所の記録です。

keeps_104

最初に「場所(Spot)」を記録したほうが効率がいいですよ。例えばこちら、タンスの写真を撮って記録。「Home」の「Drawer」と書いておきます(日本語も大丈夫です)

keeps_102

そして「物(Item)」。写真と名前とカテゴリ。そして「Home」の「Drawer」にあると記録して……

keeps_103

引き出しの中に入っている様子を撮影します。収納した期日も入力して完了です。

keeps_201

こうして収納したものをどんどん記録していくと、『Keeps』の中に物のデータベースができあがるわけです。家中をひっくり返さなくても、検索一発で見つかります。

keeps_105

カテゴリごとに整理すると更に見つかりやすくなりますなぁ。

keeps_301

「物」「場所」「物と場所」の一連のつながりを、そのままメールすることも可能。これなら収納にノータッチな旦那さんにもわかりやすい!

家だけでなく、仕事場でも使えそうです。あのカギどこにしまったっけ……?みたいなのありますからね。

家のどこかにあるのはわかってるんだよ……と、よく物を無くしてお困りの方はお試しください!

keeps
200円
(2014.06.02時点)
posted with ポチレバ

Sponsor Link