HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

「◯◯に行った回数」を自動でカウントする方法(IFTTT & Numerous)

   

ジムや美術館、習い事など、定期的に訪れることを習慣にしたい、という場所ってありますよね。

行ったことを何かに記録しておくと、習慣を付けるのに役立たちますが、「記録するのを忘れてた」なんてこともよくある話。面倒なことってやらなくなるんです。

そんなときは自動化だ!というわけで、ネットの「アレをやったらコレをやる」を自動化するIFTTTを使った「◯◯に行った回数を自動的にカウントする」方法をご紹介します。

【関連】:西城秀樹が還暦になったら「ヒデキ、還暦ー!」と自動的にTwitterにつぶやく方法

「IFTTT」と「Numerous」を使います。

今回、行った回数をカウントするために、「Numerous」というアプリを使います。

このアプリは、あらゆる「数」をカウントして共有できるアプリ。Twitterのフォロワー数、現在地の標高、株価、気温、イベントまでの日数など、いろんな数を管理できるんです。

IFTTTには、この「Numerous」の項目をカウントアップしたり、値を任意のものに変えたりするアクションがあります。これとiOSの位置情報を組合せちゃいます。

1.Numerousの設定

まずはNumerous上で、行った回数をカウントするための項目を作ります。

ifttt_loc_num_101

Numerousを立ち上げて、「+」をタップします。どんな数を数えるか聞いてくるので、「Create Your Owns」をタップ。

ifttt_loc_num_103

わかりやすい名前をつけて、初期値(ここでは0)を設定します。「Create」をタップして、Numerous側での設定は完了です。

2.IFTTTでレシピを作る

IFTTTで新規レシピを作成します。

IFTTT
無料
(2014.06.17時点)
posted with ポチレバ

ifttt_loc_num_104

「アレをやったらコレをやる」の「アレをやったら〜」の部分、「◯◯に来たら〜」を、iOSのサービスを使って設定します。「Your enter an area」をタップ。

ifttt_loc_num_105

マップが現れるので、行く場所を設定します。円の中に入ったら、回数がカウントされます。

ifttt_loc_num_107

次に「コレをやる」の部分。Numerousを選択します。アクションは「Increment a number」を選択。

ifttt_loc_num_108

プルダウンから項目を選択し、増分を設定します。行った回数なら、1ずつ増えるようにします。

ifttt_loc_num_109

Finishをタップして完了です。

今回作ったレシピを共有しておいたので、すでにIFTTTを使っているかたはインポートしてみてください。

IFTTT Recipe: 「○○に行った回数」をカウントする connects ios-location to numerous

行きたくない場所をあえてカウントの対象にするとか、位置情報とカウント、他にもいろいろ使えそうです。お試しあれー!

Sponsor Link