HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

遊びゴコロがある「通知」が届くアプリ、『Ping』

   

Ping_001

お構いなしに通知が来る。だけど、憎めない。

『Ping』は……とても説明が難しいんだけど……「通知」が来るアプリ。

そんな通知くれるアプリなんていっぱいあるじゃないメールとかSNSとか天気とか、と言われると思うんですが、いや、そうじゃなくて……なんだろ、「お便り」が届く感じに近いんだよなぁ。

ping_002

まず起動するとこの画面。ちなみにユーザ登録などは一切なし。

slooProImg_20141003203957.jpg

さっきの黒い穴をのぞくように、わっと広がって出てくるのがこちらのメイン画面。

ね、なんのアプリかさっぱりわからないでしょ。

slooProImg_20141003203955.jpg

並んでいる項目はニュースで言うなら「ジャンル」みたいなもの。”apps worth downloading(オススメアプリ)”とか”Trending on Twitter”のような実用的なものから、”Daily fortune cookies(フォーチュンクッキー)”などのお遊び要素まである。

とりあえず興味がある項目を2回タップすると「ピーン」と鳴って登録される。

ここではそれだけ。あとはこのアプリのことは忘れて生活する。

ping_003

しばらくすると、チェックした項目について通知が届く。どこかのニュースサイトにリンクされるわけでなく、2,3行の英文で完結している。

全部英語だし、欧米の時間帯がベースなので日本時間だとやけに朝早く届いたりする。

ただ、それだけのアプリ。だけど、なんか良い。

slooProImg_20141003204000.jpg

右上の●をタップすると、これまで通知された項目を振り返れる。

名言や、金曜日の訪れを喜ぶだけの”Is It Friday yet?”、「At a movie theater,which arm rest is yours?(映画館のイスの肘掛け、どっち側を使う?)」といった”Random thoughts”など、どこか憎めないお知らせが続く。

ポジティブだったり、考えさせられる内容だったり。通知の仕組みを使って、日常にちょっとしたスパイスをふりかけてくれる。「通知」なのに、なにか行動をうながすのでも、強く主張するのでもないのが、心地いいんだと思う。

この『Ping』、開発したのは完全匿名SNSで話題になった『Secret』のチーム。誰が書いたかも、誰に宛てるでもない、でも心をつかまれるメッセージが流れる『Secret』。そのボトルメールのような浮遊感を、「通知」の形でパーソナライズしたのが『Ping』、という感じ。

もし、Siriが自分から話しかけてきたらこんな感じかもな、という人工知能的なおもしろさもあります。誰か日本版作らないかな。

Ping ●
Ping ● (無料)
(2014.10.04時点)
posted with ポチレバ

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です