HeatApp!

iPhone、Apple、その他周辺のブログ

2014年「なんだこりゃ!」と思わず声が出たiPhoneアプリ10連発

   

2014impact

Apple Storeで「BEST OF 2014」が発表されましたね。

今年発表されたアプリ&ゲームから、ランキング上位やスタッフお気に入りなど、注目作がずらっとラインナップされています。ベストアプリはタイムラプス動画が撮影できる「Hyperlapse from Instagram」、ベストゲームは3の倍数を作るパズルゲーム「Threes!」でした。

さて、今年一年、あちこちでアプリレビューを書かせていただきまして、ぜーんぶ数えてみたら、のべ434本のアプリについて書いておりました。ひー!

この400本超のアプリから、僕の2014年セレクトをお届けします。ベストアプリは他のところでたくさんやってますんで、こちらはインパクト重視。「なんだこりゃ!」と、思わず口に出してしまったアプリを集めました。

思わぬ発想だったり、技術がすごかったり、ホントにバカだったり、様々なインパクトをもたらしくれたアプリたちです。

Sponsor Link

しずかったー

ホンダがリリースした、汚い言葉をしずかちゃんがキレイにしてくれるアプリ。「死にたい」は「イキイキしたい」に、「社畜」は「会社ファン」に、どんな言葉でも浄化されます。下ネタを言わせる人であふれたりもしました。性行為のことを「ドキドキアクティビティ」と言ったりします。

しずかったー
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング

Yo.

相手に「Yo」しか伝えられないメッセンジャー。ちょっとかまってほしい時に、言葉を選びながらメッセージを送るより「Yo」の一言が楽、という目からウロコの発想。100万ドルの投資を集めるなど話題になりました。今はプロフィールとかもついて、ちょっとはSNSらしくなったみたい。

「Yo」しか言えないメッセンジャー!『Yo.』にコミュニケーションの真髄をみる
ちょっとだけこっちを向いて。「Yo」しか送れない『Yo.』の使い道いろいろ。

Yo.
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング

口先番長

番長同士が「しりとり」で戦うというゲーム。制限時間内に多く・長い言葉でしりとりをつなげれば、相手に大ダメージ。収録語句もすごい多いし、イキった番長が「スーパーマリオランド!」とか凄んだりするのが楽しい。

なんと今年の文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門「審査委員会推薦作品」に選ばれたそう。めでたい!

口先番長【しりとり格闘】
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ゲーム

Spring

Facetuneなどの顔を美しく見せるアプリも流行りましたけど、ローテクなこれも好き。
頭と身体のバランスはそのままに、自然な感じで身長を伸ばすことができる写真加工アプリ。「8頭身のおばあちゃん」とかすぐにできます。

スプリング(Spring) - 体つき補正専門アプリ
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:写真/ビデオ

二つ名を授けよう

連絡先に登録している人に「銀色の先駆者(シルバーパイオニア)」みたいな中二病な二つ名をランダムでつけることができるアプリ。連絡先の「ニックネーム」欄に二つ名を一括登録することも可能。上司に勝手に二つ名を授けるのも思いのままです。

中二病的な「二つ名」を連絡先に登録しちゃう『二つ名を授けよう』

二つ名を授けよう
価格: ¥100(記事公開時)
カテゴリ:ユーティリティ

TravelShooting JP

セガの名作「スペースハリアー」を再現したシューティング。舞台が日本で主人公が女子高生になってるんで、最初はパクリゲーかな…と思ったら、スクロールが超早いし敵も音楽も完全にスペハリ。単なるパクリでは出せないクオリティに唖然呆然。

TravelShooting JP (トラベルシューティング ジェイピー)
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ゲーム

Marco Polo

部屋でiPhoneを無くした時に「マルコ!」と呼ぶと「ポ〜ロ〜!」と答えてくれるアプリ。ホントに使えるかは別として、30種類も用意されている「ポ〜ロ〜」が楽しい。紹介動画も撮りましたなぁ。

「マルコ!」と呼べば「ポーロ!」と答える、iPhone探索アプリ『Marco Polo』

Marco Polo: Find Your Phone by Shouting MARCO!
価格: ¥100(記事公開時)
カテゴリ:ユーティリティ

こんなフリーキックはいやだ

サッカーゲームかと思いきや、あの手この手でゴールを阻まれる「フリーキック大喜利」なゲーム。ただおバカなだけでなく、ちょっと頭の体操が入っているのもポイント。ワールドカップの影響か、イタリアでランキング上位にも入ったんですって。

こんなフリーキックはイヤだ
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ゲーム

Ingress

iOS版がリリースされたのは7月ですけど、今年一番起動したアプリなんじゃないかと思います。Google発の世界を舞台にした青と緑の陣取りゲーム。ハマりすぎてうちのブログのサブコンテンツになりました。10km?歩ける歩ける、と生活習慣まで変わる始末。351km歩いて、今はレベル9まできています。徒労感を覚えたレベル8から状況はちょっと変わっているので、それもそのうち書きたい。

Ingressとリアル脱出ゲームの共通点。「世界」は見せ方一つで劇的に面白く変わる
【Ingress】レベル8になったけど徒労感に襲われている話 | HeatApp!

Ingress
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:ゲーム

阪神タイガースにょきにょき

個人的に今年1番意味のわからないゲームがこれ。「球場に種をまくと、阪神タイガースの選手が生えてくる育成ゲーム」ですよ。なにがなにやら!

ちなみに、育った選手は速く刈り取らないと「遠征」に行ってしまい帰ってこなくなります。

阪神タイガース にょきにょき
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ:スポーツ

アイデア次第でなんでもありの世界

こうして並べるとなんでもありですな……。そこがスマホアプリの面白いところでもあるんですけどね。枯れた技術でも、アイデアや着眼点一つで劇的に変わるので「なんだこりゃ!」「その発想はなかった」と驚きたくて毎日チェックしているところもあります。

まだまだ気になるアプリはあるし、ホントにオススメしたいアプリも多い(『脱出4コマ・アンタルチカ』とか!)ので、また年内にまとめをやるかもしれません。あと20日で2015年か!

Sponsor Link